規制の評価方法を見直し減税方向へ。そして成長しやすい環境へと変えていく。

衆議院議員候補NHK党公認ホリエモン新党推薦本間あきこ

驚くべきことに、日本では規制が経済に及ぼす影響分析や評価がほとんど行われていません。一般企業でお勤めの方であれば、耳を疑うような状態です。規制が妥当かの評価方法を見直し、アメリカで大幅な規制緩和の推進力となった2対1ルールのような、いらない制度を見つける仕組みに変え、歳出を減らし、成長を妨げる規制と「増税やむなし」の前提を壊します。そして中小企業や個人商店、ベンチャー企業が成長しやすい環境に変えていくことが重要です。

本間あきこの公約は、ガソリン税の暫定税率分を2年間の時限付きで減税したり、消費税5%に減税したり、望まぬ人にはNHKの受信料負担をなくすといった、国民の負担を減らし、幸福や成長するための行動にお金を使っていけるような社会にするためのものです。

IT活用により業務時間を減らすことは積極的に行うべきと考えます。それと同時に心の問題も考えねばなりません。空いた時間に業務を詰め込むのではなく、ライフワークバランスを考慮するよう国が促すことで、国民の心の健康も保たれ、医療費削減にも繋がると考えます。

また、子どもの暮らす環境についてもです。大人の心の健康や金銭的な余裕がなければ、そのしわ寄せは子どもへ向けられます。次の世代のためにも、失われた30年間で疲弊した日本を変えていきましょう。